徹底した手洗い

徹底した手洗い

ノロウイルス対策には「洗って、ふいて、消毒」まで行う徹底した手洗いをして、しっかり洗い流すことが大切です。

 

専門家によると、ノロウイルスはアルコールなどで無力化することはできません。

 

トイレの後、外出の後、料理の前などは、十分に手洗いをして、手についたウイルスを洗い流すことです。(殺すわけではありません)
ポイントは洗い残しを防ぐことです。

 

 

手洗いが不十分になりやすい箇所

手を洗ったつもりでも、洗い残しが発生しやすいのは指の間や指先、手のしわなどです。

 

手洗いが不十分になりやすい箇所 手の甲手洗いが不十分になりやすい箇所 手のひら   手洗いが不十分になりやすい箇所の色分け

 

 

よく注意して洗いましょう。
ウイルスを手指から完全に除去することは困難だからこそ、洗い残しになりやすいところをよく注意して洗うことが大切です。

 

手洗いの際は腕時計やアクセサリーを外してください。

手を洗ったあとは清潔なタオル(使い捨てのペーパータオルが望ましい)でよく拭いて下さい。

 

感染防止に役立つ手洗い方法

手洗いの順序

1.時計や指輪をはずす。 2.肘から下を水でぬらす。 3.手洗い石けんをつけて 4.よく泡立てる。
5.手のひらと甲(5回程度) 6.指の間、付け根(5回程度) 親指洗い(5回程度)腕、肘まで洗う 7.指先(5回程度)
8.手首(5回程度) 9.水ですすぐ 10.ペーパータオルで拭く。(タオルの共有はしないこと) 11..蛇口にペーパータオルをかぶせて栓を閉める


※アルコールはノロウイルスには効果がないと言われていますが、手指を清潔にするために使っています。
12.アルコールを噴霧する(水分が残っていると効果減) 13.手指にすりこむ(5回)

(社)日本食品衛生協会 平成24年度食品衛生指導員巡回指導資料より抜粋

 

 

徹底した手洗い:ノロウイルス 症状と予防関連ページ

汚物の処理
環境の除菌
健康管理
食品の加熱調理