汚物の処理

汚物の処理

ノロウイルスは、家庭や共同生活施設など、ヒト同士が接触する機会が多いところで直接感染するケースも多いと言われています。

 

特に吐いたものや、下痢などで汚れた衣類は感染のもとになりますので、処理には注意が必要です。
汚れた物をそのままにしておくと、乾燥してウイルス含んだまま舞い上がり、感染を広げる可能性があります。感染拡大を防止するために「すばやく」「適切に」処理してください。

 

アルコール消毒はあまり効果がありません。

汚物処理時のポイント

汚れたものを処理するときにはウイルスが紛れ込んだ飛沫を吸い込まないようにマスクをし、ゴム手袋などを使います。メガネもした方が安心です。

 

※手袋は2枚重ねでの着用がおすすめ!
※感染防止品はすべて使い捨てのものが理想的です。

 

花王 かんたん汚物処理キット

花王 かんたん汚物処理キットの説明パンフレットより

 

 

※これら感染防止品をひとまとめにした汚物の処理キットもあります。 →花王 かんたん汚物処理キット

 

 

消毒液(次亜塩素酸ナトリウム希釈液)の作り方

ノロウイルスをは、85℃以上の熱湯で1分間殺菌するか、次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用して死滅させなくてはなりません。

 

次亜塩酸ナトリウムは、塩素系消毒液(ハイターやキッチンハイターなど)に使われています。
「それらを薄めて使いましょう」と言われていますが、効果的な濃度はどのくらいなのでしょうか?

 

ペットボトルを使った次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)の殺菌液作り方はこちら

 

*ワイドハイターは、「酸素系漂白剤」で「塩素系漂白剤」ではありません。
*塩素系漂白剤ならキッチン用・洗濯用のどちらを使用しても大丈夫です。

 

ワイドハイターは、「酸素系漂白剤」で「塩素系漂白剤」ではありません。          次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用の塩素系漂白剤(ハイター、キッチンハイターなど)に使用されています

 

 

家庭用塩素系漂白剤はこちらから

嘔吐物・排泄物の処理

嘔吐物の処理

ノロウイルス嘔吐物の処理

嘔吐の処理は、ともかく素早く処理します。
乾いてしまうとノロウイルスが空気中に漂い、口に入って感染することがあるためです。
十分な換気のもとでマスクと手袋を着用して吐物をペーパータオルでふきとり、ビニール袋に入れ処分します。
周囲への二次感染も防ぐためにも、敏速な行動が大切です

 

 

 

トイレの殺菌方法

トイレの殺菌方法

ノロウイルスの感染は、二次感染が一番確率が高いので、トイレの殺菌は重要です。
ウイルスが飛び散らないようにペーパータオル等で静かに拭き取り、ビニール袋に密閉して廃棄してください。
(この際、ビニール袋に廃棄物が十分に浸る量の次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm)を入れることが望ましいです。)

 

床は、汚れを取り除いてから塩素系漂白剤を50倍にうすめたもの濃度 0.1%(1000ppm)の消毒液で消毒 してください。

 

 

 

嘔吐物などで汚れた下着や衣類の処理

 

嘔吐物などで汚れた下着や衣類の処理

嘔吐物や便などで汚れた衣類は大きな感染源です。

そのまま洗濯機で他の衣類と一緒に洗うと、洗濯槽内にノロウイルスが付着するだけではなく、他の衣類にもウイルスが付着してしまいます。

 

可能であれば、便や嘔吐物が付着したシーツや下着などの衣類は、もみ洗いをせず、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm以上)に漬け置きする方が洗濯時の二次感染を防ぐ上で良いと言えます。

 

衣類の処理方法はこちら

 

 

布団などのの殺菌処理方法

 

布団などのの殺菌処理方法

我が家の場合、娘は寝ている最中に突然嘔吐したので、布団や枕が汚れました。
シーツやパジャマなどの洗濯できるモノならまだよいですが、布団や枕などは洗えずにどうしたらいいのか、困りました。

 

なかなか洗濯できないモノの処理方法はこちら

 

 

家庭用塩素系漂白剤はこちらから

 

 

感染防止品をひとまとめにした汚物処理キットはこちら→花王 かんたん汚物処理キット

汚物の処理:ノロウイルス 症状と予防関連ページ

徹底した手洗い
環境の除菌
健康管理
食品の加熱調理