環境の除菌

環境の除菌

 

感染力の強いノロウイルスの感染拡大を防ぐには、環境の清浄が大切です。
ドアノブや食器など人が触れるところには、ウイルスのいる可能性があるんです。

 

室内では嘔吐物の飛沫、トイレでは下痢をした後の飛沫が気がつかない内にあちこちに飛び散ります。
2次感染予防ならないように、消毒剤をスプレーに入れて清浄することが大切です。

 

小さなお子さんやお年寄りのいるご家庭は、特に気をつけてください。

 


↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ウイルス対策!家族の健康は自分たちで守る

 


こんなところに注意して清浄してください

そんなに汚れていないように思えても、安心しないでくださいね。
ウイルスは、こんなところにいますよ。

水道の蛇口とシンク

水道の蛇口とシンク

自動水栓でない蛇口(手動)は、手洗い前の人が頻繁にさわります。汚染された手で触った可能性もあるため、感染の原因になりやすい。
手を洗ったの洗面台にもノロウイルスが付着します。汚れてないように見えても、汚れがが飛び散っています。

 

手を洗った後の洗面台や、汚染された手で触った可能性のあるものについての消毒は、0.02%(250倍希釈したもの)で消毒しましょう。

 

トイレの便座とフタ

トイレの便座とフタ

実は、トイレは要注意なんです。最近のトイレットペーパーはとても吸水性が良いので、下痢の場合、拭き取り面から染みこんで手の方にまで達することがあるようです。
固形便でも、ウォッシュレットを使った後拭き取ると、同様の現象が起きると考えられます。
さっと洗い流しただけでは、その手には大量のノロウイルスが残存しており、その後触ったものは高濃度で汚染されます。

 

下痢では飛沫がトイレの便座やフタ、床などにまき散らされますので、処理する人は処理キットなどを身につけて清浄してください。

 

ドアノブ

ドアノブ

大量のノロウイルスが残った手で、あちこちを触ったものは、ノロウイルスに汚染されてしまいます。
直接汚れたところは気になるので注意しますが、ドアノブなど何気なく触っている物は、つい忘れがちになってしまいます。

 

トイレのドア、玄関、部屋のドアなど、いろいろな人が触っているドアノブは汚染されがちなので、特に注意して清浄してください。

 

台所の流し台

台所の流し台

食品を介してノロウイルスに感染する経路(食中毒)も考えられます。
実は、台所の流し台の汚染は、気付かれないことが多いポイントです。オムツ交換や吐物処理、トイレ、部屋の掃除の後の手洗いを「流し台」で行うと、台所内のノロウイルス汚染のリスクが高まります。
調理をする人の手や食品がノロウイルスに汚染されないように、消毒を行うのを忘れないでください。

 

おもちゃ

おもちゃ

ノロウイルスは、唾液等でもうつる場合があるので、子どもが触ったオモチャも煮沸またはキッチンハイターに漬ける等処理した方がいいといわれていますが、私は煮沸もキッチンハイターに漬けるのも抵抗があったので、スプレー容器に0.02%(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約200ppm)の消毒液を入れて、オモチャに吹きかけて拭いていました。
赤ちゃんや小さなお子さんは、おもちゃをなめてしまうことがあるので、0.02%(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約200ppm)の消毒液を吹きかけて拭いてから良く水ぶきをすると良いでしょう。

病院・飲食店で大人気の除菌剤チャーミストは、手軽に使えて安心でした。

 

ともかく二次感染を防ぎましょう。

ともかく二次感染を防ぎましょう。

 

吐いたものや、下痢などで汚れた衣類は感染のもとになりますので、処理には注意が必要です。
汚れた物をそのままにしておくと、乾燥してウイルス含んだまま舞い上がり、感染を広げる可能性があります。感染拡大を防止するために「すばやく」「適切に」処理することが重要です。

 

 

嘔吐物などの処理方法の鉄則

 

詳しい処理の方法は、ノロウイルス予防対策をご覧下さい。

後始末をする時には、感染しないように注意

嘔吐した物や下痢の後始末をする時には、感染しないように注意することも重要です。

 

今では、使い捨てのエプロンなどがセットされた処理キットもありますので、そういった物を利用すると良いでしょう。また、小さなお子さんやお年寄りのいるご家庭では、備えておくことをオススメします。いつ、起こるかわからないので。

 

 

処理キットがあるなんて知らなかったから、こんな格好でがんばりました

 

処理キットについては、便利な汚物の処理キットをご覧下さい。

 

環境の除菌:ノロウイルス 症状と予防関連ページ

徹底した手洗い
汚物の処理
健康管理
食品の加熱調理