健康管理

健康管理

分かっているのですが、当たり前のことなんですが、ノロウイルスの予防対策には健康管理も重要です。

 

ノロウイルスに感染したり、二次感染になってしまっても、重症になる人とならない人がいます。

 

その違いは、それぞれの人の持つ自己免疫力や体力の違いなんですが、やはり「日頃の健康管理」はおろそかに出来ません。
汚染を拡げないようにするには、個人の健康管理が大切です。

 

ノロウイルスは、接触だけでなく空気などを介して経口感染することもあります。
日頃から言われていることでが、一番の予防は、うがいや手洗い、そして充分な睡眠です。

 

特に子どもの頃から耳にたこができるくらい聞かされてきたうがい・手洗いは、大人になるとどこかに飛んでしまいがちです。ノロウイルスやインフルエンザが流行する時期、二次感染を防ぐためにも、忘れずに念入りにしてください。また、トイレの後は、必ず2度手洗いするようにしてください。

 

健康管理には、睡眠も大事です。体の免疫機能を高めるためにも、充分な睡眠を取るようにしてください。

うがい・手洗いのやり方

うがいのやり方

知っているようで知らない「うがいのやり方」。

 

正しいやり方を守ると、風邪やウイルス予防になりますが、間違った方法では逆にノド風邪をひく原因になる怖れもあるんですよ。

 

だからこそ守って欲しい正しいうがい方法です。

 

用意する物:
コップ・水・うがい薬(無くても大丈夫ですが、体調が優れないとか人混みの後などは使うといいですよ。)

 

うがいのやり方

 

この時は上を向かないで、まっすぐ前を見たままの状態で、口の中をすすぎます。

口の中の雑菌を殺します。一緒に食べかすなども洗い流します。30秒ぐらいが目安です。

いきなり上を見てガラガラうがいをしてしまと、口の中の細菌が、うがいの水でノドに運ばれてしまいます。

 

次に、新しい水を口にふくませて、15秒くらいガラガラうがいをします。

次に、新しい水を口にふくませて、20秒くらいガラガラうがいをします。

このとき、のどの奥まで水が入るように上を向いて「オ~」と言ってしてうがいをします。

 

もう一度口に水をふくませて、上を向いてガラガラうがいを繰り返しします。

もう一度口に水をふくませて、上を向いてガラガラうがいを繰り返しします。

 

 

注意する事

・うがいぐすりを使う場合は分量を守りましょう。多すぎても少なすぎても効果が落ちます。
・うがいぐすりは直射日光を避け、常温で保存してください。
・うがいぐすりが洋服などについてしまったら、お湯で洗うと落ちます。

 

 

高濃度銀イオンによる除菌・ウイルス除去スプレー&リキッドAg+ウイルス・ブロッカーは、手軽に使えて安心でした。

 

 

健康管理:ノロウイルス 感染予防関連ページ

徹底した手洗い
毎年11月頃から翌年の4月にかけて流行するノロウイルスの予防と対策について解説しています。
汚物の処理
毎年11月頃から翌年の4月にかけて流行するノロウイルスの感染防止には、正しい知識をもって正しい予防法を実践することが大切です。このホームページをノロウイルスの予防対策にぜひお役立てください。
環境の除菌
ノロウイルスの感染防止には、環境の除菌も大切です。このホームページをノロウイルスの予防対策にぜひお役立てください。