ノロウイルス 自宅で出来る予防対策

ノロウイルス感染予防や拡大を防ぐ方法

ノロウイルスの感染力は強力なので、家庭や職場での感染拡大を防ぐためにも、やり方を良く読んで実行することが大切です。

 

ノロウイルスに限らず、食中毒や感染症の基本的な対策をまとめました。

 

 

洗って、ふいて、消毒が基本です。

詳しい説明はこちらから。

汚物の処理

素早く適切な処理が感染予防の決め手。

詳しい説明はこちらから。

ドアノブなど人が触れるところを徹底的に!

詳しい説明はこちらから。

手洗い、うがいをして、健康管理に気をつけましょう。

詳しい説明はこちらから。

食品の中心温度85℃で1分以上の加熱を!

詳しい説明はこちらから。

 

医療機関や飲食店などウイルスや菌類が心配なプロフェッショナルから愛用されている除菌剤とその秘密をご紹介します。→こちら

ノロウイルス予防対策:ノロウイルス 症状と予防記事一覧

ノロウイルス対策には「洗って、ふいて、消毒」まで行う徹底した手洗いをして、しっかり洗い流すことが大切です。専門家によると、ノロウイルスはアルコールなどで無力化することはできません。トイレの後、外出の後、料理の前などは、十分に手洗いをして、手についたウイルスを洗い流すことです。(殺すわけではありません)ポイントは洗い残しを防ぐことです。

ノロウイルスは、家庭や共同生活施設など、ヒト同士が接触する機会が多いところで直接感染するケースも多いと言われています。特に吐いたものや、下痢などで汚れた衣類は感染のもとになりますので、処理には注意が必要です。汚れた物をそのままにしておくと、乾燥してウイルス含んだまま舞い上がり、感染を広げる可能性があります。感染拡大を防止するために「すばやく」「適切に」処理してください。アルコール消毒はあまり効果が...

感染力の強いノロウイルスの感染拡大を防ぐには、環境の清浄が大切です。ドアノブや食器など人が触れるところには、ウイルスのいる可能性があるんです。室内では嘔吐物の飛沫、トイレでは下痢をした後の飛沫が気がつかない内にあちこちに飛び散ります。2次感染予防ならないように、消毒剤をスプレーに入れて清浄することが大切です。小さなお子さんやお年寄りのいるご家庭は、特に気をつけてください。↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ウイ...

分かっているのですが、当たり前のことなんですが、ノロウイルスの予防対策には健康管理も重要です。ノロウイルスに感染したり、二次感染になってしまっても、重症になる人とならない人がいます。その違いは、それぞれの人の持つ自己免疫力や体力の違いなんですが、やはり「日頃の健康管理」はおろそかに出来ません。汚染を拡げないようにするには、個人の健康管理が大切です。ノロウイルスは、接触だけでなく空気などを介して経口...

主に大人に多い症状ですが、ノロウイルスに感染しても発病せずに、ノロウイルスを便から排出し続けている場合があります。このような場合保護者などの大人が知らないうちに子どもにノロウイルスを感染させてしまうこともあります。ノロウイルス食中毒の原因食品として多いのが、ノロウイルスに汚染された二枚貝の生食や加熱不足によるものです。特に冬は生牡蠣や牡蠣鍋など、牡蠣がとてもおいしい季節です。その牡蠣を含めた二枚貝...