ノロウイルス 感染予防と対策

こどもが嘔吐した時

小さいこどもは、風邪をひいたりすると吐いてしまうことも多いですよね。嘔吐物で衣類や家の中を汚してしまうと、どこから手をつけたらいいのか呆然となってしまいますね。

 

でも、汚れたものは綺麗にしなくてはなりません。きちんと処理しないと、後々まで匂いや雑菌が残って不快です。

 

そこで、嘔吐してしまった時、綺麗に処理するための方法をご紹介します。
ポイント1:身体

 

こどもが寝ていて嘔吐してしまうと、まず酷く汚れるのはこども自身の身体(衣類含む)と、寝具です。

 

2人以上の大人がいれば、こどもと寝具にわけて処理出来ますが、ひとりの大人が対応する場合は、まずは子供自身の身体を綺麗にしてあげましょう。

 

寝ている状態で吐くと、顔や髪の毛にまで吐瀉物がついてしまうことも多いです。衣類も汚れているでしょうから、速やかにすべて脱がせて、シャワーでよく洗ってあげましょう。

 

匂いが残ってしまうので、必ずシャンプーを使って丁寧に洗いましょう。細かい吐瀉物が残らないよう、クシを使って髪の毛をとかしてあげるとよいでしょう。

 

ポイント2:衣類・寝具(カバー)

 

衣類、寝具は吐瀉物がついていますから、そのまま洗濯機に入れてはいけません。また、そのまま洗面所やお風呂場で流しても詰まってしまう可能性があります。

 

必ず吐瀉物をある程度取り除いてから、よくすすいで、さらに洗濯機で洗います。
ゴム手袋とマスクを着用するなどして、そこから菌をもらわないよう気をつけましょう。

 

その時消毒効果の高い漂白剤を一緒に入れると安心です。

 

洗濯が済んだら、出来るだけ日にあてて干し、日光消毒するようにしましょう。
ポイント3:布団

 

布団カバーやシーツは洗えますが、布団はなかなか丸洗い出来ないので、困ってしまいますね。
予防

 

具合が悪そうな時は、事前に防水シーツを敷く、タオルを多めに敷いておくなどして予防するようにしましょう。
【エントリーでポイント10倍7/4 10:00まで】【即納可/2枚以上送料無料】子供用 パイル素材のおねしょシーツ【パイル地おねしょシート 子供用 85×180cm】防水シーツ 介護用にも◎
対処

 

布団に染みてしまった場合は、その部分に熱湯をかけて消毒します。出来るだけ外に干して日にあて、さらに衣類の匂いとり&滅菌スプレーをしておくと安心。

 

それでも気になる場合は、ふとん丸洗いのサービスを利用してみるのもお勧めです。

 

ダスキン布団丸洗いサービス

 

おわりに

 

つい慌ててしまう状況ですが、嘔吐してしまってショックを受けているお子さんをもっと動揺させないよう、落ち着いて行動しましょう。

 

お子さんが早く元気になりますように。