消毒液(次亜塩素酸ナトリウム希釈液)の作り方

消毒液(次亜塩素酸ナトリウム希釈液)の作り方

ノロウイルスをは、85℃以上の熱湯で1分間殺菌するか、次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用して死滅させなくてはなりません。

 

次亜塩酸ナトリウムは、塩素系消毒液(ハイターやキッチンハイターなど)に使われています。

 

「それらを薄めて使いましょう」と言われていますが、効果的な濃度はどのくらいなのでしょうか?

 

国立感染研究所HPによると、衣服や物品、嘔吐物を洗い流した場所の消毒に効果的な次亜塩素酸系消毒剤の濃度は200ppmとあります。少々分かりにくい単位ですが、ペットボトルを使えば簡単に調整できるので覚えておくといいですよ。(市販されている家庭用塩素系漂白剤の濃度は、約5%です。 )

 

*ワイドハイターは、「酸素系漂白剤」で「塩素系漂白剤」ではありません。
*塩素系漂白剤ならキッチン用・洗濯用のどちらを使用しても大丈夫です。

 

ワイドハイターは、「酸素系漂白剤」で「塩素系漂白剤」ではありません。          次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用の塩素系漂白剤(ハイター、キッチンハイターなど)に使用されています

 

 

家庭用塩素系漂白剤はこちらから

嘔吐に直接使用する場合の消毒液(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約1000ppm)

嘔吐に直接使用する場合の消毒液(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約1000ppm)

嘔吐に直接処理する場合は、塩素系漂白剤を50倍に水でうすめて使用します。
【用意するもの】

  • 500mmのペットボトル(よく洗ってから使用します)
  • 家庭用塩素系漂白剤
  • じょうご(金属製は不可)
  • ゴム、ビニール手袋は必ず使用して下さい。

 

嘔吐に直接使用する場合の消毒液

  • 500ccのペットボトルに、少し水を入れ、じょうごなどでこぼさないように塩素系漂白剤を約10㏄入れます。ペットボトルのキャップなら約2杯(1杯5㏄)
  • そして、水をいっぱいになるように入れます。
  • ペットボトルのふたをキッチリ閉め、よく振って完成です。

※1000ccのペットボトルで消毒液を作る場合は、ペットボトルのキャップで約4杯(一杯5cc)です。

ドアノブなど直接触れる部分などの消毒(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約200ppm)

ドアノブなど直接触れる部分などの消毒(次亜塩素酸ナトリウム濃度 約200ppm)

おもちゃ、調理器具など直接手で触れる部分などの消毒をする場合は塩素系漂白剤を250倍に水でうすめて使用します。

  • 500mmのペットボトル(よく洗ってから使用します)
  • スプレー容器(100円ショップなどで販売しています)
  • 家庭用塩素系漂白剤
  • じょうご(金属製は不可)
  • ゴム、ビニール手袋は必ず使用して下さい。

 

ドアノブなど直接触れる部分などの消毒

  • 500ccのペットボトルに、少し水を入れ、じょうごなどでこぼさないように塩素系漂白剤を約2㏄入れます。ペットボトルのキャップなら約半分以下(1杯5㏄)
  • 水をいっぱいになるように入れます。
  • ペットボトルのふたをキッチリ閉め、よく振って完成です。
  • トイレの便座や床、おもちゃなどの消毒に使用しますので、スプレーの容器に入れておくと便利です。
  • 塩素系漂白剤を水で250倍にうすめた消毒液は、トイレなどの便座などを消毒する場合や洗濯時に使用します。

【次亜塩素酸ナトリウムを使用する上での注意事項】
  • 薄めた消毒液は時間が経つにつれて効果がなくなります。面倒でも、その都度、必要な量だけ作り、 作り置きをしないでください。
  • 塩素系漂白剤の濃度が濃いほど効果的ですが、濃度が濃いほど金属がさびたり、衣類の地色などが脱色をおこしなすくなります。
  • 拭いたあとは必ず水で二度拭きをすること忘れずに。
  • 次亜塩酸ナトリウム液は、酸と混ざると有毒ガスが発生するので、混用は絶対に止めてください。
  • 皮膚に対する刺激が強いため、 手や指の消毒、手洗いなど人に対しては使用しないでください。

 

ppm(パーツ・パー・ミリオン)は、主に濃度を表す時に使用されています。
100万分のいくらであるかという割合を示す単位で、1000ppmは、0.1%と同じです

 

家庭用塩素系漂白剤はこちらから♪

 

 

感染防止品をひとまとめにした汚物処理キットはこちら→花王 かんたん汚物処理キット